限定承認についての事例

限定承認を行うための手続きは複雑で、さらには相続人全員で行う必要があり、相続人の中にひとりでも反対する人がいる場合は限定承認の手続きをおこなうことはできません。よって限定承認を選択される方は多くありません。しかしながら、場合によっては有効に活用することもできます。

マイナスの財産の方が多いが、相続したい遺産がある

プラスの財産:自宅(被相続人持分3分の1、評価額500万円、相続人が同居)
マイナスの財産:2000万円

負債の方が多いので相続放棄を検討されるかもしれませんが、相続放棄をしてしまうと、被相続人名義の自宅を手放すこととなり、同居の相続人も自宅を失います。しかし、限定承認によるプラスの財産は相続人が先買権を持つため、その評価額を用意出来れば優先的に買い戻し、自宅に住み続けることが可能となります。

マイナスの財産があるか分からない

プラスの財産:1000万円
マイナスの財産:負債があるかどうかは不明

被相続人に借金があるかどうかわからないといった場合、 財産調査の後に借金が発覚することも考えられます。そのような際には限定承認が有効となります。財産調査で分からなかった借金が後に発覚した場合、1000万円以上の負債を負うことはなく、弁済後、余った財産は受け取ることが可能になります。

マイナスの財産とプラスの財産、どちらが多いのか分からない

プラスの財産:800万円
マイナスの財産:800万円程度

プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか判断が難しい場合においては、限定承認をすることでプラスの財産の範囲内で借金の返済をすることが可能となります。

限定承認についての関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-547-053

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

無料相談実施中!

  • 0120-547-053

    営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
    ※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    行政書士市井しんじ事務所
    〒470-0224
    愛知県みよし市三好町小坂1-2
    三好グランドハイツ1階10-G号室

相続の花笑み は
法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-547-053

営業時間 9:00~18:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ