限定承認について

限定承認とは、プラスの財産の限度内において、被相続人の債務などのマイナスの財産を相続するという相続方法のひとつです。

限定承認は、相続人の相続財産の中に借金があるが、どうしても相続したいものがある場合や、遺産を合わせるとプラスの財産よりもマイナスの財産の方が多い場合などに、有効となります。

例)相続財産の内訳:借金が1000万、プラスの財産が500万円

プラスの財産の500万円、借金500万円分だけ相続する。相続放棄して一切の債務を放棄するより、限定承認を行って被相続人が遺したプラスの財産分のみ債権者に返済する方もいらっしゃいます。

 

限定承認のメリットとして相続財産の範囲以上の借金を相続しなくて良い点や、先買権を行使して残したい財産を残しておける可能性があります。しかし、相続人全員で共同して行う必要があるため、相続人の中に一人でも反対者がいると限定承認を行うことができません。また、限定承認は被相続人から相続人に財産が時価で譲渡されたとみなされ、譲渡所得税を支払う必要があります。さらに、相続の開始を知った日の翌日から4ヵ月以内準確定申告を行わなければならないため、単純承認よりも手続きが面倒になります。なお、譲渡所得税は被相続人の債務ですので、限定承認の効果が得られます。

以上のように限定承認の手続きは非常に複雑で、限定承認を選択する人はあまり多くはありません。

限定承認の手続きは、自己のために相続が発生したことを知った日(通常は被相続人の死亡日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述をする必要があります。期限に間に合わなそうな場合や期間を延長したい際には家庭裁判所に「相続の承認又は放棄の期間の伸長」を申し立てると期間を延長してもらうことが可能です。

相続放棄についての関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-547-053

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

無料相談実施中!

  • 0120-547-053

    営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
    ※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    行政書士市井しんじ事務所
    〒470-0224
    愛知県みよし市三好町小坂1-2
    三好グランドハイツ1階10-G号室

相続の花笑み は
法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-547-053

営業時間 9:00~18:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ