相続人にいる認知症の方がいる場合の遺産分割について

遺産分割協議は相続人全員で話し合い、全員の合意をもって作成する必要があります。しかし、判断能力が十分でないとされる相続人(認知症・知的障害・精神障害等)は、遺産分割協議に参加することができません。遺産相続には期限もあり、早急に遺産分割協議に取り掛からなければなりません。

このような場合でも、条件を満たせば遺産分割協議を進めることは可能ですので、一緒に確認していきましょう。

相続人の中に認知症の方がいる場合

遺産分割協議において認知症などにより判断能力が十分ではない相続人がいた場合、相続人全員の同意が必須となりますので、そのまま遺産分割協議を進める事はできません。

判断能力が十分ではない相続人に代理人(後見人)をたてる必要があります。家庭裁判所へ成年後見人の選任申し立てを行い、選任してもらいます。ここで注意したいのが、家庭裁判所での選任には数カ月の期間を要す点です。

また、後見人の選任申立てのタイミングで認知症やそのほか判断能力が十分でないことの症状を鑑定する場合もあります。その間、遺産分割協議を進めることは出来ませんので気を付けましょう。遺産分割協議は専任された後見人が行い、そのまま相続手続きを進めていきます。

遺産分割協議の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-547-053

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

無料相談実施中!

  • 0120-547-053

    営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
    ※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    行政書士市井しんじ事務所
    〒470-0224
    愛知県みよし市三好町小坂1-2
    三好グランドハイツ1階10-G号室

相続の花笑み は
法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-547-053

営業時間 9:00~18:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ