遺言書の活用 相続トラブル回避

遺言書の活用

遺言書とは、被相続人の死後の財産をどのようにしたいか等の意思表示を残す書類のことを言います。遺言書を作成しておくことにより相続財産の承継について被相続人ご自身の意思を反映させることが可能となるだけでなく、遺言書があることで、残されたご家族の相続トラブル回避に繋がります。ただし、遺言書は民法に基づいて作成されたものでなければ法的効果を生じませんので慎重に作成する必要があります。

遺言書がなかった場合は、相続人全員で遺産分割協議を行い、内容について全員の合意を得る必要があります。この場合、親族同士の相続トラブルに発展するケースも少なくありません。下記にて遺言書を残すメリットをご紹介します。

【不動産と預金の相続】

相続人 実子3人
相続財産 自宅不動産:2000万円、預金:1000万

子供の人数で均等に配分します。法定相続分の総額を三分割すると一人1000万ですが、不動産は三等分できませんので遺産を均等に分けるために、

①自宅不動産を売却して金銭を3分割する

②自宅不動産を相続した1人が他の2人に不足分(500万円ずつ)の金銭を支払う

以上のような方法が考えられますが、兄弟間で揉める可能性があります。

このような場合、予め遺言書に“長男に不動産を相続させ、残りの預金を他の兄弟二人で分ける”という内容にしておくと、スムーズな相続に繋がります。

遺言書の作成の関連項目

まずはお気軽にお電話ください

0120-547-053

営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

無料相談実施中!

  • 0120-547-053

    営業時間 9:00~19:00(平日・土曜)
    ※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 初回60分~90分無料相談のご案内
  • 事務所案内
  • 代表あいさつ
  • アクセス
  • サポート料金
  • 無料相談

アクセス

  • 事務所所在地


    行政書士市井しんじ事務所
    〒470-0224
    愛知県みよし市三好町小坂1-2
    三好グランドハイツ1階10-G号室

相続の花笑み は
法令遵守で運営しております。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-547-053

営業時間 9:00~18:00(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ